産後、これだけやればOK!なオススメの運動~骨盤底筋トレーニングの重要性~

産後、これだけやっとけばいいよ的な
エクササイズ方法、今回が最重要項目です。

ぶっちゃけ他に何もやらなくても
これだけはやった方がいい!

一応、その前に、

~ひとまずおさらい~
産褥期のおススメエクササイズ

その1、胸式呼吸

その2、足首回し

産褥期はとにかく体を休めること優先!

で、2カ月くらいして通常の生活に戻ってきたら…?

②産後2カ月~

骨盤底筋トレーニング

別名ケーゲル(キーゲル)体操とも呼ばれます。

要はお尻の穴を絞めるエクササイズです。

これが、最も重要。

何度も言います。最重要です。

経膣分娩(自然分娩)で、
とくに産後に尿漏れなんかを体験した方は
気にかかるワードかとは思いますが、

帝王切開でも無痛分娩(これは経膣ですが)でも
出産の方法に関係なく
妊娠という経過をたどった方は

確実に骨盤底筋緩んでます。

※もちろん経膣(かつ会陰切開)が
一番ダメージは大きいとは思います。

まず、骨盤底筋とは?

骨盤を支えるインナーマッスルです。

場所としてはちょうど生理用ナプキンを
あてる位置にあると思ってください。
ショーツの股あての部分ですね。

役割としては、
①臓器の支持
②姿勢保持
③排尿・排便時の排出口閉鎖及び開放

臓器の支持
つまり、妊娠中に赤ちゃんと羊水の入った
重たい子宮を支えていたわけです。

よって出産の方法は関係なく緩んでしまうのです。

「でも私は尿漏れもなかったし…」
と思われる方もいるかもしれません。

はい、そこで2つ目の役割!ババン(効果音)

姿勢保持
そうです。姿勢にも関わってきます

産後、座って授乳する時に腰が丸まってしまう
猫背になってしまうまっすぐ座れない等々…

感じられた方は少なくないと思います。

姿勢の悪さは体の歪みにつながり、
さらなる不調(肩こり、腰痛、スタイルの変化)を
おこしやすくします。

かつ骨盤底筋は腹筋と連動して動く筋肉です。

骨盤底筋を鍛えることは言うなれば
腹筋を鍛えることにもつながってきます

排尿・排便時の排出口閉鎖及び開放
つまりおしっこやうんちを出したり止めたり、ですね。

だから骨盤底筋が緩むと尿漏れが起きやすい。

尿漏れに限らず、

オナラが我慢できない、
便切れが悪い、
お風呂から上がってしばらくすると膣から水が漏れる
(お湯漏れ、と言ったりします)

これらも骨盤底筋の緩みで引き起こされます。

ちなみに私は夫の前では我慢するタイプですが、
赤子の前では普通にオナラしてしまっていて(笑)

5歳になった今でもその癖が少し残っていて、
たまに「お母さんオナラした」と言われて焦ります。

…閑話休題!!!

といっても余談含めて少し長くなってしまったので

具体的な骨盤底筋トレーニングの仕方は次回お伝えします!
(ごめんなさい)

 

イベント情報等はLINE@でもお知らせしています。

友だち追加

メッセージでご予約やお問い合わせも可能です。
イベントによっては先行予約なども行います。

よろしければご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です