産後、これだけやればOK!なオススメの運動~骨盤底筋トレーニングのやり方~

産後、最重要なエクササイズ。

前回はその重要性だけを説いて終わってしまったので(笑)
今回は具体的なやり方をお伝えします。

これはサロンでも
産後の骨盤矯正を受けにいらした方には
必ずお伝えしているものです。

骨盤底筋トレーニング

別名ケーゲル(キーゲル)体操。

まず、位置を認識することも大切です。
(どこを使っているか、の意識)

前回もお伝えしましたが、
ショーツの股あての部分
生理用ナプキンをあてる位置でしたね。

そのあたりの筋肉を使うイメージです。
わかりにくい人は実際にタオルなどを
股にあててみると意識が高まります。

エクササイズをする姿勢は仰向けに寝た状態がベストです。
膝を立てた方がやりやすいと思いますが、
伸ばした方がやりやすい場合は伸ばしても構いません。

立った状態、座った状態でも行って良いのですが、
慣れないうちは寝て行った方が筋肉を効率よく使えます。

そして、息を吐きながら

肛門・膣・尿道の順に後ろから穴を絞めていきます。

尿道を絞める感覚、というのが
おしっこを止める時の感覚、と言えば
わかりやすいでしょうか。

この時に、お尻の筋肉や足の筋肉に
力が入らないように
注意してください。

表面上は全く動きのないエクササイズで、
大変地味なのですが(笑)

大変重要なエクササイズなのです。
(いい加減しつこいか)

息を吐きながら行うと言いましたが、

筋肉というのは吐く時に力を入れやすい
という性質があります。
(試しに力こぶ作って息を吐いたり吸ったりしてみてください)

骨盤底筋も筋肉ですので、その性質を利用するために
そのようにアドバイスしています。

ただ、最終的には息を吸う時にも
骨盤底筋が使えることが理想ではあるので、

混乱する方は意識しなくても問題ないかと思います。

ただし、息は止めないでくださいね!

 

当院の産後骨盤矯正では、このエクササイズの
指導、チェック、アドバイスもおこなっております。

イベント情報等はLINE@でもお知らせしています。

友だち追加

メッセージでご予約やお問い合わせも可能です。
イベントによっては先行予約なども行います。

よろしければご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です