妊娠中の恥骨痛

妊娠中の恥骨痛の原因も様々です。

腰痛と同様、リラキシンという関節を緩ませるホルモンの影響で、
恥骨結合と呼ばれる関節が緩んでしまったり、
骨盤や内臓をハンモック状に支えている骨盤底筋が弱いことなどで、
大きくなっていく子宮やそれに伴い下垂しがちな内臓を
支えることが大きな負担となり痛みが出るケース。

恥骨に付着する筋肉(内転筋など)の緊張からおこるケース。

もちろん複合的なケースもあります。

関節(恥骨結合)の緩みから引き起こされているケースは、
骨盤ベルトなどで補強してあげると楽になる可能性があります。

子宮や内臓を支える筋肉である骨盤底筋を鍛えてあげてもいいでしょう。
(鍛え方は「ケーゲル体操」などで検索するとわかりやすいですよ)

内腿の緊張に対してはマッサージ施術も有効です。
胡坐をかいた状態で太ももの内側を手のひらでゆっくり
(温めるようなイメージで)押してあげると気持ちがいいですよ。

妊娠中の恥骨痛にオススメのコースはこちら→マタニティコース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です